サイト用ツール


暴食の超越石

アカウント倉庫(不可) ブラックマーケット(不可)

概要

暴食シリーズの装備の超越に必要となる
コア、モジュール、トリガーの3種類が存在する

入手方法

製作のみ
コア、モジュールのインフィニティ段階までに必要となる『蝿の王の殻片』はボスダンジョンやLv85レイド
それ以上の段階の超越に必要な『暴食王を縛りつけた鎖』やトリガーの超越に必要な『暴食王のページ』はLv87レイドのみで入手可能

制作

コア
蝿の王の殻片

暴食王を縛りつけた鎖

賢者超越石の欠片

次元の精髄(虹)

同期化引数
アンロック 1 - 32 12 20
ビヨンド 1 - 34 14 20
インフィニティ 1 - 38 18 25
シンギュラリティ - 3 20 20 20
アトロポス - 10 40 40 40
モジュール
蝿の王の殻片

暴食王を縛りつけた鎖

賢者超越石の欠片

次元の精髄(虹)

同期化引数
アンロック 1 - 32 12 20
ビヨンド 1 - 34 14 20
インフィニティ 1 - 38 18 25
シンギュラリティ - 1 10 10 10
アトロポス - 2 20 20 20
トリガー
対応する種類のページ

賢者超越石の欠片

次元の精髄(虹)

同期化引数
暴食王 60 75 50 50

ページは全5種類あり、対応するトリガーのページが60枚必要です。
トリガーの超越石は成功率100%です

100%石制作

『超越石を集める』か『超越石1個と超越の秘薬』を用意することで100%成功する石を製作できます
チューニング維持がしやすくなるので基本こちらで超越しましょう
ビヨンド段階までは促進剤ありで数回で通ります、材料をケチるなら促進剤を入れて素で叩くのもアリです

石を集めて100%石を制作する場合

コア
必要な石の数

蝿の王の殻片

暴食王を縛りつけた鎖

賢者超越石の欠片

次元の精髄(虹)

同期化引数
アンロック 10 10 - 320 120 200
ビヨンド 10 10 - 340 140 200
インフィニティ 15 15 - 570 270 375
シンギュラリティ 20 - 60 400 400 400
アトロポス 30 - 300 1200 1200 1200
総計 - 35 360 2830 2100 2375
モジュール
必要な石の数

蝿の王の殻片

暴食王を縛りつけた鎖

賢者超越石の欠片

次元の精髄(虹)

同期化引数
アンロック 10 10 - 320 120 200
ビヨンド 10 10 - 340 140 200
インフィニティ 15 15 - 570 270 375
シンギュラリティ 10 - 10 100 100 100
アトロポス 15 - 30 300 300 300
総計 - 35 40 1630 930 1175

コアとモジュール2個を100%石のみで完成させる場合


蝿の王の殻片

暴食王を縛りつけた鎖

賢者超越石の欠片

次元の精髄(虹)

同期化引数
85 105 - 3690 1590 2325
87 - 440 2400 2400 2400
合計 105 440 6090 3990 4725

これだけかかります
備考としては『暴食王を縛りつけた鎖』は功績を抜きにすると1週間に20個しか稼げません。
440個集めるとなると22週間かかります。

なお440個のうち300個はコアのアトロポス段階で使用します、つまり残りの140個でそれ以外は全て終わります。

秘薬で100%石を制作する場合

 
コア必要数

モジュール必要数
アンロック 10 10
ビヨンド 10 10
インフィニティ 15 15
シンギュラリティ 35 35
アトロポス 40 40
総数 110 110

コアとモジュール2個を秘薬の100%石のみで完成させる場合
超越の秘薬が『330本』必要となります
インフィニティ⇒アトロポスのみなら『225本』必要となります

ヒント

トリガーの完成に必要なページを180枚を集めている間に、暴食王を縛りつけた鎖も180個集まります。
コア6段階の100%石で60個、モジュール両方7段階で合計80個で総計140個なので、トリガー終了までにコア以外は完成に持っていけます。
つまりトリガーが完成するまで普通に周回すればコアのアトロポス段階だけ超越の秘薬を使うだけで完成します

モジュールはコアよりずっと低コストで7段階へ上げることができ、伸び率もコアより優れています、超越はモジュールを優先にしましょう

トリガーの超越石は秘薬で代用することができません、周回するしかないです。

database/beelzebub/transstone.txt · 最終更新: 2020/10/17 by ebi